アルファードの車幅について|運転はしやすいのか?

アルファードの車幅について

アルファード・アルファードハイブリッドはトヨタ自動車が販売する最高級ミニバンですが、アルファード以外の車種と比較するとどうでしょうか?

同社の販売するノア・ヴォクシー・エスクァイアもそうですが、ニッサン自動車が販売するエルグランド・セレナや本田技研から販売されているオデッセイなどが同格の車種です。

ここでの同格は競合車という意味ではなく乗り比べをした時に、運転しやすさを比較する対象である同格です。

特に都市部では車幅が問題となってくる場合が考えられます。

そこで「アルファードの車幅は運転がしやすいのか?」をまとめました。

>>アルファードハイブリッドの口コミ・評価まとめ

 

車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

アルファードの車体の大きさ

  • ミニバンの中でも車体は大きい
  • 小回りの利くサイズではないことに注意しておく

アルファードの車体の大きさを先程の同格車種と比較します。

アルファード ノア
全長(mm) 4,945~4,950 4,695~4,710
全幅(mm) 1,850 1,695~1,735
全高(mm) 1,950 1,825~1,870
ホイール
ベース(mm)
3,000 2,850
アルファード ヴォクシー
全長(mm) 4,945~4,950 4,695~4,710
全幅(mm) 1,850 1,695~1,735
全高(mm) 1,950 1,825~1,870
ホイール
ベース(mm)
3,000 2,850
アルファード エスクァイア
全長(mm) 4,945~4,950 4,695
全幅(mm) 1,850 1,695
全高(mm) 1,950 1,825~1,865
ホイール
ベース(mm)
3,000 2,850

数値を見てわかるように、アルファードは同メーカーのミニバンと比較しても一回りサイズが大きくなっています。

一般的な道路をまっすぐ走る分には何も問題ない車体の大きさですが、都市部などの駐車場では少し慣れが必要となる大きさです。

 

アルファード エルグランド
全長(mm) 4,945~4,950 4,915~4,980
全幅(mm) 1,850 1,850
全高(mm) 1,950 1,805~1,815
ホイール
ベース(mm)
3,000 3,000~3,025
アルファード セレナ
全長(mm) 4,945~4,950 4,690~4,810
全幅(mm) 1,850 1,695~1,740
全高(mm) 1,950 1,850~1,875
ホイール
ベース(mm)
3,000 2,860

次にニッサンのミニバンとの比較です。

エルグランドと比較すると全高こそアルファードが高くなっていますが、全長と全幅はほぼ同サイズです。

しかし、セレナと比べるとやはりアルファードは一回り大きな車体となっています。

運転をする上で長さよりも幅の方が影響することを考えると、駐車に不慣れな方であればコンパクトな車の方が安心なものです。

 

アルファード オデッセイ
全長(mm) 4,945~4,950 4,840
全幅(mm) 1,850 1,820
全高(mm) 1,950 1,685~1,715
ホイール
ベース(mm)
3,000 2,900

最後はオデッセイとの比較です。

全幅は30mmほどアルファードが大きく、全長と全高に関してはアルファードがワイドなサイズ感であることがわかります。

乗り比べは必要ですが、取り回しの良さではオデッセイといった印象を受けます。

都市部での利便性が必要なわけ

都市部での利便性が必要なわけ

  • 人が多い・道幅が狭いといった環境であることがほとんどであるため、コンパクトなサイズの方が使い勝手の良さを感じることがある

他の車種との比較も大切ですが、ミニバンに限らず3ナンバー以上の幅のある車種は街中での利便性が購入を決める鍵となる場合があります。

特に都市部に住まわれている方や、通勤等で都市部を行き来する方にとってこの点は非常に重要になってきます。

 

大阪ミナミ

極端な例ですが、大阪ミナミ等の繁華街を毎日通る方にとってはアルファードのサイズは非常にミスマッチです。

仕事などでどうしても人を乗せなければいけないのであれば仕方ない部分もありますが、人通りも多く、一方通行の多い区域への車両乗り入れは非常に神経を使います。

この状況に当てはまる方であれば同じトヨタ自動車の販売するノア・ヴォクシーの方が使い勝手がいいため、アルファードよりもそちらがおすすめです。

 

都市部とは関係のない地方にお住まいの方では、周りの環境によって特別アルファードが使い勝手が悪いということは考えにくいはずです。

道路事情等で3ナンバーサイズであるアルファードが使いにくいというのは道が狭い・人が多いなどの理由だからです。

地方にお住まいであってもアルファードよりもヴォクシーの方が運転がしやすいというケースは、車両の大きさが関係しています。

購入してしまえば結局は慣れですが、買ってから使いにくいと思うのであればいずれの理由にしろ、購入前に試乗をする必要があります。

>>アルファードハイブリッドの実燃費は?燃費向上のコツはあるのか?

 

アルファード30系後期 外観・内装紹介

駐車場の問題

駐車場の問題

  • 自宅の駐車場に収まるかを確認しておく
  • 利用頻度の高いショッピングセンターやスーパーなどの駐車スペースも確認しておく

先程の都市部と関連性がある部分にありますが、アルファード・アルファードハイブリッドを購入するにあたり駐車場がひとつの課題となってきます。

 

一箇所あたりの土地が広く取られている地方であればそこまで気にすることではありませんが、都市部のように一箇所あたりの土地面積が限られている地域では駐車場がネックとなってきます。

契約駐車場

アルファードを購入前に必ず車幅を確認し、ご自分が借りられている駐車場に収まるかどうかを確認しておく必要があります。

 

地方であれば広く取ってありますが、都市部のマンションによく設置してある立体駐車場にアルファードを駐車するのであれば注意が必要です。

最も注意すべきは横幅ですが、高さも注意が必要です。

最近は軽自動車でも背の高いハイトワゴンの需要が高まっているため、車高の高い車両でも駐車できる駐車場の方が多いはずです。

しかし、場所によっては台数を稼ぐために高さをギリギリで設計している場合もありますのでよく確認しておきましょう。

 

立体駐車場の場合、自分で契約している駐車場以外にもよく行くショッピングセンターやスーパーに立体駐車場になっている場所があるのであればそちらも確認しておきましょう。

契約している駐車場ではないものの、よく買い物い行く出先で駐車場を停めれないとなると非常に不便です。

すぐ近くに駐車場があればまだいいですが、買い物した後に駐車場まで歩いて移動しなければいけないことも考えられます。

ショッピングセンター駐車場

契約している駐車場でないためそれが理由で購入を断念するかどうかは、判断が分かれますがそのお店の使用頻度で考えるべきと思います。

契約駐車場であっても出先での一時貸し駐車場であっても同じですが、車両の幅と立体駐車場のパレットの幅がギリギリのものはあまりおすすめできません。

駐車スペースよりさらにスペースがあるタイプであれば問題ありませんが、パレットの幅とアルファードの車幅がギリギリであれば注意が必要です。

真っすぐに駐車しないと駐車する際にアルミホイールを擦ってキズを付けてしまう可能性があります。

立体駐車場ではよくあることですので注意が必要です。

>>30系後期アルファードにおすすめのホイール5選!

アルファードは運転しやすいのか?

アルファードは運転しやすいのか?

画像:トヨタ

  • 免許を取り立ての方には大きすぎるサイズ
  • さまざまな車種に乗ってきた方であれば、慣れるまでさほど時間はかからないでしょう

アルファードは運転しやすいのでしょうか?

アルファードが運転しやすいかどうかはここまでご説明した内容もありますが、根本的にこのボディサイズで運転しやすいかどうかが最終的な判断になるかと思います。

極端に言うと、免許を取り立ての方が乗ろうとすると車幅もありますのであまりおすすめできません。

色んな車種に乗ってきた方や、アルファードではなくともミニバンに今まで乗ったことがある方であれば問題なく乗れるでしょう。

あとは、乗られるご本人が運転に慣れることができれば問題ありません。

 

しかし、同じ車格の車種であっても乗りやすい・乗りにくいはあるものです。

今までセレナやヴォクシーに慣れていた方がアルファードに乗り換える予定なのであれば、横幅が広くなりますので最初は戸惑うはずです。

先程も触れましたが、そこの部分に関しては慣れですので問題はアルファードという車が総合的に乗りやすいかどうかです。

 

アルファードは高級ミニバンとして法人で使用することを視野に入れているため、同乗者の乗り心地はかなり良くなっています。

その部分は同じトヨタ自動車で言えばヴォクシーと大きく異なっています。

問題は運転者が乗りやすいかどうかですが、2列目以降ほどでないにしても乗り心地が重視されているため運転はしやすくなっています。

ミニバンであれば当然ですが、右左折時の安全性を考えてサイドミラーがセダンなどに比べて大型化されています。

安全確認は当然必要ですが、歩行者の状況も良く見えますので乗りやすい車だと言えます。

>>アルファードの維持費|購入するのに必要となる年収は?

まとめ

競合の多いミニバンというジャンルの中でもアルファードは大きめの車幅です。

購入前には自宅の駐車場はもちろん、利用頻度の高い駐車場に収まるかを確認しておきましょう。

一方で、安全運転支援システムも多数搭載されているため、初めてミニバンを運転するという方でも時間とともに運転になれることは可能であるはずです。

必ず試乗して、サイズ感の確認を忘れないようにしましょう。

 

アルファードをお得に買うなら下取り車を上手に売却しよう

アルファードだけに限らずトヨタ車は値引き交渉が難しいのが現状です。

一方で、その値引きと同様にとても重要なのが下取り車の売却方法です。

 

「ディーラーの下取り価格の設定は安い」というのは最近では認知度も上がってきてはいますが、まだまだ下取り車を安く買いたたかれていることに気付いていない方も多いです。

その理由は下取り車の本当の価値(買取価格)を知らないことが原因です。

買取価格を知らなければ提示された下取り価格が安いのか?高いのか?を判断することができないからです。

 

ズバット車買取比較であれば、リアルタイムの買取相場をもとに買取を行う大手買取店や地域に密着した全国の買取店が競合するため、 今乗っている車の高価買取に期待ができます。

ズバット車買取

 

「買取店での価格を担当の営業マンに伝えたら、下取り価格が20万円もアップした」こういったケースも珍しくありません。

 

  • 利用者の77.5%の人が平均23.2万円もお得に
  • 6ヶ月後の相場もわかる

愛車の買取相場がわかる

 

入力はカンタン45秒
※累計利用者数150万人以上
アルファード買う
フォローする
アルファードの値引きで限界額を引き出す方法
タイトルとURLをコピーしました