アルファードにサンルーフは必要か?メリットとデメリットを解説

アルファードにサンルーフは必要か?

今回はサンルーフについての記事です。

アルファードではツインムーンルーフとも呼ばれ、その必要性や不具合事例などを中心に解説したいと思います。

また、今回の記事はアルファード以外の車種にも言える部分があります。

メーカー問わずアルファード以外の車種にお乗りの方も是非参考にしていただければと思います。

 

車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

ツインムーンルーフはメーカーオプション、後付けは不可

ツインムーンルーフ

画像:トヨタ

  • ツインムーンルーフはメーカーオプションで税抜き110,000円(後付けは不可)
  • 予算に余裕があるのならLEDルーフカラーイルミネーションも検討してみる

まず、このツインムーンルーフですがアルファード・アルファードハイブリッドの設定されたメーカーオプションパーツとなります。

当然ながら、ツインムーンルーフ付車専用ボディを使用しますので購入後に後付けでできるパーツではありません。

 

設定されているのはアルファードハイブリッド全車(サイドリフトアップチルトシート装着者は設定が異なります)・アルファード全車(2WD)の他、アルファードの4WD車に関してはグレード限定で選択可能です。

4WDの場合はExecutive Lounge・Executive Lounge S・GFが選択可能です。

 

これは、全てメーカーオプションですので始めから標準装備となっているわけではありません。

このツインムーンルーフは開放時に明るく開放的なドライブできるようにと、設計されています。

フロント側がチルト機構を有しており、リア側には電動スライド機構と挟みこみ防止機能を備えています。

このツインルームの操作は運転席・助手席の頭上にスイッチが設けられています。

【アルファード30系前期】タイプブラックからscに乗り換えました。ツインムーンルーフ付

 

トヨタ車ミニバンの定番ではありますが、パワースライドドア関係のスイッチも同時に配置しており、使い勝手を考えてスイッチの配置がされています。

ツインムーンルーフと合わせて追加したいオプション

LEDルーフカラーイルミネーション

画像:トヨタ

ツインムーンルーフ本体とは異なりますが、メーカーオプションでツインムーンルーフを追加するのであれば、合わせて注文したいのがLEDルーフカラーイルミネーションです。

このパーツを追加することによって夜のドライブで幻想的な空間を演出することができます。

ツインムーンルーフと合わせることによって夜景デートなどにオススメの1品です。

後席を包むように天井に光のラインを走らせ、カラーLEDは16色と多色化しています。

そうすることによって豊富なバリエーションが生まれて高級感と先進感があり、幻想的な空間が生まれます。

また、メーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイもしくは後席にある色替え・調光スイッチによってお好みの色と明るさにカスタマイズ可能となっています。

【 新型アルファード 】ルーフ イルミネーションのカラーを全色変えてみた!

サンルーフのメリット

  • 開放的なドライブが楽しめる
  • 売却時に付加価値として高い評価を受ける傾向にある

先程はアルファード・アルファードハイブリッドに設定されているツインムーンルーフについて紹介させていただきました。

ここからは車種に関係なくサンルーフのメリットについて紹介したいと思います。

 

ミニバンというものがそもそもそうなんですが、日産セレナが「物より思い出」というキャッチフレーズで販売台数を伸ばしたことからミニバンには思い出を作るツールという考え方が根底にあります。

サンルーフもその延長で、家族や恋人とのドライブをより思い出となるツールとして考えられています。

元々のサンルーフはこのアルファードよりもコンパクトな物が主流でしたが、ここ数年は流行もあってルーフの半分以上がガラスルーフとなっている車種も増えています。

サンルーフは昼よりも夜のドライブで開放して走りたいという需要が多く、特にお子様のおられるご家庭で人気の装備です。

地方の山道でのドライブは都市部よりも星空が綺麗に見えますので、アルファードのようなツインムーンルーフは特に好まれます。

 

一方で、ツインムーンルーフはオプション費として安くないものの売却する際は、同等またはそれ以上の価値が付く場合があります。

中古車市場でも人気の高いオプションであるため、予算に余裕があるのなら検討しておきたいオプションです。

サンルーフのデメリット

  • 真夏日は日差しの影響であまり機能として使えない
  • 保証期間が過ぎて故障した際、高額な修理代がかかる場合もある

当然ではありますがメリットもあればデメリットもあります。

 

サンルーフは夜のドライブの時で星空を見ることができる反面、ガラスが故にデメリットがあります。

特に夏場ですが、昼間にサンルーフを開けて(ガラスは閉めた状態)走行すると日差しが直接車内を照りつけ、さらにガラスということもあり反射して暑さが倍増します。

夏場以外であれば、あっても日差しだけで済みますが夏場は耐えられないでしょう。

特に真夏日は日差しも強く、昼間はサンルーフとしての機能はほぼ使えません。

 

しかも、アルファードのツインムーンルーフであれば重量もあります。

ただでさえ重たいボディのアルファードの天井に重りを乗せて走っているようなものなので、大きく変わるものではありませんが燃費も悪くなります。(公式データとしてはありませんが。)

 

サンルーフは故障する場合もある

また、サンルーフはさまざまな要因で故障することも考えられます。

手動のサンルーフであれば故障要因も少ないですが、アルファードのツインムーンルーフは電動です。

メーカーオプションの保障期間を過ぎてしまうと修理は実費ですので、購入後に長くお乗りになるのであれば知っておくべきです。

手動では心配の必要がなかった故障事例としてスイッチ・チルト機構・電動機構です。

スイッチだけであれば修理代も安価で済みますが、問題は開閉機構を司るモーターが故障した場合です。

ほとんどの場合が丸ごと交換になってしまいますので、ツインムーンルーフ本体が故障すると高額な修理代がかかってしまいます。(工賃だけでも5万円前後)

 

雨漏りには注意

最後に、サンルーフ付車で最も厄介な雨漏りです。

雨漏りを修理しようとするとサンルーフを一度取り外す必要がある場合がほとんどですので、どうしても工賃が高くなります。(サンルーフ交換も同様)

しかし、症状が酷くなってしまうと錆が進行してボディが腐食する恐れもあります。

サンルーフのメーカー保障が切れてしまってからは特に注意が必要です。

定期的にサンルーフ周りの異常や雨漏りがないかチェックしておきましょう。

まとめ

  • サンルーフ付きの車両は明るく開放的なドライブが楽しめ、売却時に高い評価を受ける傾向にある
  • 保証期間が過ぎて故障した場合、高額な修理代がかかることもある
  • 予算に余裕があるのなら付けておきたいメーカーオプション

昼夜を問わずドライブにおすすめのサンルーフですが、メリットもあればデメリットもあります。

ただ、新車から数年で雨漏りするというのは極めて稀で、使用環境に起因することが考えられます。

使用上は基本的には大丈夫というのが実質ですが、長く乗った時の故障事例としての知識としては知っておいて損はないと思います。

購入時の参考にしていただければと思います。

 

「アルファードの新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、アルファードの新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

 

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っているアルファードの新古車を探すことも可能です。

欲しい条件を入力する

 

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\無料で利用できます/
アルファード買う
フォローする
アルファードの値引きで限界額を引き出す方法
タイトルとURLをコピーしました