アルファードハイブリッドの口コミ・評価まとめ

アルファードハイブリッドの口コミ

アルファードハイブリッドの口コミを元にさまざまな視点からまとめて評価してみたいと思います。

トヨタ自動車の人気車種でありミニバンの代表車種であるアルハードハイブリッドですが、メリットもあればデメリットもあります。

購入時の情報として役立てていただければと思います。

 

車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

エクステリア

  • 派手な印象があるエアロパーツを装備しているグレードでも購入してみると気に入っている方も多い
  • 若年層から支持の高いヴェルファイアのエクステリアに躊躇するのであればアルファードを検討してみる
  • カスタム志向の高いユーザーからも好評

自動車業界の最近の流れで、上級グレードに関してはメーカー純正のエアロパーツが装着されています。

もちろんエアロパーツを装着していないグレードも存在しますが、コンパクトカーなどと違って需要があまりないというわけではありません。

購入時の予算の関係上、エアロパーツでないGグレード等を購入した方のレビューからも特にデザインが悪い等の声はありません。

SRを始めとするエアロパーツを装着しているグレードを選択した方の中には、エアロパーツの派手さで購入時に躊躇したという方も中にはおられるようです。

 

しかし、一度購入してしまえば気に入っておられるようです。

メーカー純正のエアロパーツですので、一部の社外エアロパーツメーカーのような下品さがないためです。

 

アルファードハイブリッドは初代に比べるとヘッドランプ・テールランプ共にサイズが大きくなっています。

最近の流行りによるところもありますが、ここがカスタムユーザーから好評のようです。

社外のヘッドランプ・テールランプに交換する場合はもちろんですが、LED化やカラ割りしてランプを改造した際に綺麗なのは大きいヘッドランプだからです。

見る人によって見解が分かれるかと思いますが、中にはヴェルファイアよりもガンダム化(20年程前に流行ったハイエースのガンダム仕様から来ているのでしょうか?)しておらず、年代の左右されず乗れるマイルドなデザインという意見もあるようです。

 

カスタム色があまり強い車種の場合、どうしても年配の方は購入を控える傾向があります。

ヴェルファイアのエクステリアを派手と感じるのであれば、アルファードの方が向いているかも知れません。

 

2018 新型 トヨタ アルファード ハイブリッド SR "C パッケージ" 4WD 内外装

インテリア

  • インテリアの評価は高い
  • 購入する目的によってグレードを選択する必要がある

続いてインテリアですが、流石はトヨタの高級車というだけの仕上がりです。

 

口コミ情報によるとアルファードハイブリッドを購入する目的によって選択するグレードが異なるようです。

最上級グレードであるエグゼグティブラウンジの場合に長期移動などには問題ありませんが、2列目シートを高級仕様にしている関係で、ミニバンの特権である車内移動がしにくいという意見もあります。

車中泊をする際にはこれがネック(あくまでミニバン慣れしている方の意見です)になるようで、中間グレードであるSRぐらいが車中泊もできてインテリアもそれなりの高級というイメージのようです。

 

価格は高くなりますが、エグゼグティブラウンジは最上級グレードですのでそれ相応の装備がされています。

T-ConnectSDナビゲーションシステムにJBLプレミアムサウンドシステムを連動させ、パノラミックビューモニターと12.1型リアシートエンタ-テイメントシステムが採用されています。

先程触れましたセカンドシートには、エグゼグティブラウンジ専用のエグゼグティブシートが採用されています。

高級にしたが故に車内移動や車中泊時に狭くなるというデメリットはありますが、流石は最上級グレードでインテリアの評価はかなり高いです。

実際には大人数で移動することが少ないのであれば問題ないと言えます。

 

【特別編】トヨタ アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS 試乗インプレッション TOYOTA ALPHARD

燃費・乗り心地

燃費

  • 口コミサイトのデータによると10.0km/Lを下回っている方が少ない
  • エコ志向の方でも燃費に満足できるモデル

最上級ミニバンであるアルファードハイブリッドですが、今はエコの時代ですので燃費は重要です。

ここがガソリンモデルと異なる部分で、クルーズコントロール等が装備されていることもあって10.0km/Lを下回っている方はおられないようです。(口コミサイトデータによる)

 

E51エルグランドと比較されている方もおられ、エルグランドが8.0km/Lだったのが、この方はアルファードハイブリッドに乗り換えたことで12.0km/Lまで燃費が改善されました。

メーカーが違うこともありますが、現行モデルの車種ですので時代に合わせて燃費を意識して開発されています。

その背景には不景気(この車種を買う方には関係ないと思いますが)やエコが求められているためです。

 

実燃費では先程も触れたように12.0km/Lという方から16.0km/L前後まで伸びる方までさまざまです。

乗り方(アルファードハイブリッドの実燃費と燃費向上のコツ)のコツなどはありますが、都市部と高速道路等では燃費は異なります。

ですが、排気量や車格などを考えるとほとんどの方が満足されているようです。

16.0km/Lというのは高速道路などを走行した場合だと思いますが、ひと昔のミニバンの実燃費を考えればエコ志向な方でも満足できる車種だと言えます。

乗り心地

  • 2列目シートの乗り心地は評価が高い
  • 走行時に風切り音などのノイズを気にされる方もいる

乗り心地に関しては意見が分かれています。

ただ、少なくともフィット・スイフト・アクアなどのコンパクトカーと比較すると口コミでは良い乗り心地だと感じている人が多いようです。

ミニバンですので当然ではありますが、特に2列目の乗り心地が良いと感じている人が多いです。

運転者や助手席というよりは2列目以降の乗り心地が重視されているためです。

 

高速道路や国道の走行時に多いと思いますが、風切り音などのノイズはどうしてもあるようです。

重たいミニバンですのである程度は仕方ないことではありますので、風切り音を気にする方であればさまざまな車種の乗り比べをしてから購入するようにしましょう。

 

ロードノイズの方は車重の割に少なく、高評価を得ています。

ただ、タイヤの摩耗や使用年数によって徐々にノイズが出てきます。

ロードノイズを気にする方は早めにタイヤ交換することで改善されます。

今は各タイヤメーカーからミニバン専用のタイヤがラインアップされていますので、その辺りを選べば間違いないです。

アルファードハイブリッドがおすすめな人

  • 家族旅行やキャンプなどを行う頻度が多い方
  • ミニバンが欲しいけど財布にやさしいモデルを探している方
  • カスタム志向の強い方

今回は口コミサイトの書き込みを参考にアルファードハイブリッドの評価を行いました。

本文中にも触れましたが、アルファードハイブリッドは昔に比べて燃費がかなり改善されています。

購入時にエコカー減税も受けられますので、購入後はお財布に優しいミニバンです。

会社で購入する企業も増えていますが、特にスノーボードなど家族で旅行に行く方におすすめですね。

車中泊をしても驚く程ガソリンが減るわけではありませんので、キャンプにも向いています。

一人移動が多い方や狭い道を通る方には向いていませんが、今おすすめのミニバンです。

ご購入前に一度参考にしてみて下さい。

 

「アルファードの新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、アルファードの新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

 

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っているアルファードの新古車を探すことも可能です。

欲しい条件を入力する

 

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\無料で利用できます/
アルファード買う
フォローする
アルファードの値引きで限界額を引き出す方法
タイトルとURLをコピーしました